HOME医療関係者向けの情報 TOP学会活動等 > 臨床研究に関わる提言への対応委員会およびそれに関連する学会活動

学会活動等

臨床研究に関わる提言への対応委員会およびそれに関連する学会活動

高血圧学会においては、バルサルタン臨床試験の問題に対する一連の対応の中で、透明性を重視した臨床試験のあり方、臨床試験実施能力の向上、不正再発防止の方策などを審議することを目的とした「臨床研究に関わるあり方委員会」(6名の外部委員を含む)を立ち上げました。この委員会より、第3回臨床高血圧フォーラムにおいて「提言」の形で報告をいただきました。その後、理事会において種々の検討を行い、この提言の対策委員会を立ち上げ、具体的な方策について方針が決定し、現在、活動を行っております。本ページでは、本委員会とそれに関連する活動について、発表されたものを順次掲載いたします。

倫理行動規範(2014.10.21発表)

人を対象とする医学系研究Q&A

主催、共催、後援の定義/臨床研究分類の定義

CITI JAPANプログラム受講申込(2015.5.1発表)

臨床研究ワークショップの開催(2016.6.14発表)

指針・報告書等資料

利益相反関連

日本高血圧学会および学会員が関係する臨床研究等に関するご意見

ページのトップへ