HOME医療関係者向けの情報 TOP / 一般のみなさま向けの情報 TOPTopics & 新着情報 一覧 > Topics & 新着情報 詳細

Topics & 新着情報 詳細

COVID-19に関する国際高血圧学会の声明について
 
COVID-19に関する国際高血圧学会の声明について
 
 
国際高血圧学会より今般の新型コロナウイルスについて見解が示されております。 
( 2020年3月16日:https://ish-world.com/news/a/A-statement-from-the-International-Society-of-Hypertension-on-COVID-19/
日本高血圧学会としても現状ではこの見解がもっとも信頼できるものとしてここに日本語訳とともに御紹介させていただきます。患者さまにおかれましては主治医と御相談の上、高血圧治療をお続けいただき、御健康をお守りいただきますようお願い申し上げます。 
医療関係者の皆様におかれましては本見解の元となりました学術情報も掲載しておりますのでそちらも合わせてご参照のうえ治療に当たられるようお願い申し上げます。 
 
2020年3月26日 
特定非営利活動法人 日本高血圧学会
 
 
 
 
COVID-19に関する国際高血圧学会の声明 
A statement from the International Society of Hypertension on COVID-19 
 
国際高血圧学会はコロナウイルス感染と高血圧症について一部で心配され、メディアにより過剰な反応が起きている懸念事項を承知しています。 
懸念1:高血圧症が新型コロナウイルスに対して感染しやすくなるか? 
懸念2:高血圧症の治療に一般的に使われているアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)やアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)が新型コロナウイルス感染者の予後を悪化させるか?(1) 
 
国際高血圧学会は2つ目の話題に対して先にヨーロッパ循環器学会の高血圧部会並びにヨーロッパ高血圧学会が発表した回答を支持します(2,3)。すなわち現時点であるデータからは新型コロナウイルス感染症を予防と治療するという観点からACE阻害薬やARBの使用を変更すべきという確証はありません。 
 
さらに、ISHは、1,2の問題に対して次の4つの重要な点を強調します。 
1. 今のところ高血圧患者が正常血圧患者に比べて新型コロナウイルスに感染しやすいとは言えません。むしろ、高血圧が原因ではなく、新型コロナウイルスが60歳以上の高齢者で感染しやすいために、高齢者に多い高血圧患者が感染しやすいように見えるといえます。 
2. 新型コロナウイルスについては、ACE阻害剤またはARBは感染に対する感受性を改善または悪化させることも、感染した患者の結果に影響を与えることを示す臨床データはありません。 
3. 現状ではACE阻害剤またはARBについて否定的、あるいは肯定的な十分なデータが示されていません。それゆえ、国際高血圧学会は、高血圧症患者を治療する際にACE阻害剤またはARBを使うことに格段の配慮は必要なく、通常通り適応に応じて使用を継続することを強く推奨します。新型コロナウイルス感染に関する懸念に影響されて処方を変更すべきではないと考えます。 
4. 将来的には新型コロナウイルス感染に対して降圧治療が影響を与えることが明らかになり、治療指針を変更する必要が生じるかもしれません。しかし、現在のところそのような研究結果は発表されておらず、現状の高血圧診療ガイドラインを変更する必要はないと考えます。 
 
References: 
1. Fang L, Karakiulakis G, Roth M. Are patients with hypertension and diabetes mellitus at increased risk for COVID-19 infection? Lancet Respir Med 2020; https://doi.org/10.1016/S2213-2600(20)30116-8 
2. Statement by the ESC: https://www.escardio.org/Councils/Council-on-Hypertension-(CHT)/News/position-statement-of-the-esc-council-on-hypertension-on-ace-inhibitors-and-ang 
3. Statement by the ESH: https://www.eshonline.org/spotlights/esh-statement-on-covid-19/ 
 
-ISHのステートメント英文原文- 
A statement from the International Society of Hypertension on COVID-19 
The International Society of Hypertension (ISH) is aware of concern raised by speculation, which was amplified by the media and which suggested that hypertension (raised blood pressure) increases susceptibility to infection with COVID-19. Further speculation reportedly suggested that two commonly used classes of blood pressure lowering agents (ACE-Inhibitors and Angiotensin Receptor Blockers (ARBs)) may worsen the outcome for those who are infected with COVID-19 (1). 
The ISH completely endorses the content of two recent statements made by the Council on Hypertension of the European Society of Cardiology and the European Society of Hypertension (2,3) both of which made clear that there is no good evidence to change the use of ACE-inhibitors or ARBs for the management of raised blood pressure in the context of avoiding or treating COVID-19 infection. 
In addition, the ISH would like to highlight the following four critical pieces of information: 
1. To date - there is no evidence that people with hypertension are over-represented amongst those seriously infected by COVID-19. Indeed, the opposite is true given that most such cases occur in those over 60 years in whom hypertension usually affects the majority. 
2. There are no clinical data in humans to show that ACE-Inhibitors or ARBs either improve or worsen susceptibility to COVID-19 infection nor do they affect the outcomes of those infected. 
3. In the absence of any such compelling data the ISH strongly recommend that the routine use of ACE-Inhibitors or ARBs to treat raised blood pressure should continue and should not be influenced by concerns about COVID-19 infection. 
4. It is possible that in light of new data it may be that the management of raised blood pressure should be modified to reduce susceptibility to or improve outcomes among those infected by COVID-19. However, currently no such data are available to make such recommendations, and so no changes should be made. 
References: 
1.Fang L, Karakiulakis G, Roth M. Are patients with hypertension and diabetes mellitus at increased risk for COVID-19 infection? Lancet Respir Med 2020; https://doi.org/10.1016/S2213-2600(20)30116-8 
2.Statement by the ESC: https://www.escardio.org/Councils/Council-on-Hypertension-(CHT)/News/position-statement-of-the-esc-council-on-hypertension-on-ace-inhibitors-and-ang 
3.Statement by the ESH: https://www.eshonline.org/spotlights/esh-statement-on-covid-19/ 
 
********************************************************************** 
 
日本高血圧学会からの注意事項: 
1) 本和訳の掲載は、国際高血圧学会の許可を得ております。リンク先の掲載につきましてはご自由にしていただいて結構です。 
2) 国際高血圧学会の声明については、現時点(2020年3月16日)のものであり、今後の研究の進展などにより更新が必要になる可能性があります。

参考ファイル

URL

医療関係者向けの情報

一般のみなさま向けの情報

会員専用サイト

各種申請・手続き

入会のご案内

ページのトップへ