HOME医療関係者向けの情報 TOP / 一般のみなさま向けの情報 TOPTopics & 新着情報 一覧 > Topics & 新着情報 詳細

Topics & 新着情報 詳細

[禁煙推進委員会]新禁煙宣言「松山宣言」を発表いたしました
本日、第40回日本高血圧学会総会内において、 
禁煙推進委員会が新禁煙宣言である「松山宣言」を発表いたしました。 
 
喫煙は高血圧の原因にもなりえますし、高血圧を原因としておこる心臓や血管の病気の危険性を増す主な要因でもあります。また、喫煙は日本の死亡原因に最も関与しています。これらのことから日本高血圧学会は、高血圧の診療をしている医療従事者が喫煙による健康被害の重大性を再認識し、禁煙の重要性を広く国民のみなさんにお伝えして禁煙推進を目的とする禁煙宣言を2007年に行い、高血圧治療ガイドラインや学会活動に反映させてきました。 
 
この10年間で、2004年にわが国が批准し締約国となった「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(FCTC)」に基づく施策が実施され、公共施設、公共交通機関などの禁煙化が急速に進みました。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催決定を契機に、喫煙対策、特に受動喫煙対策に関する議論が広く一般のみなさんの関心を集めるようになりました。その一方で、飲食店・旅館などの屋内喫煙の規制はまだ十分には進んでおらず、また、加熱式たばこの登場により受動喫煙対策も複雑になりつつあります。 
 
こうした社会の変化を踏まえ、日本高血圧学会は以下に掲げる新たな基本方針の誠実な実行を通じて、「松山宣言」が学会員を中心として未来に向けた、より積極的な喫煙・受動喫煙対策を行っていく指標として頂ければ幸いです。 
 
 
禁煙推進委員会 
委員長 野出 孝一

医療関係者向けの情報

一般のみなさま向けの情報

会員専用サイト

各種申請・手続き

入会のご案内

ページのトップへ