高血圧・循環器病予防療養指導士 認定試験開催概要

認定試験について

日時

2017年3月12日(日)

場所

東京大学 医学部2号館本館3階大講堂
東京都文京区本郷 7-3-1 (地図、アクセス方法は こちら、東京大学赤門から会場までの道順はこちら

時間

試験当日講習会(受験者受講必須) ※受付開始 8:45
A群: 循環器病総論講義 9:45~11:15
休憩 11:15~11:35
B群: 生活指導講義 11:35~13:05
昼休み 13:05~13:55
C群: 高血圧講義 13:55~15:25
休憩 15:25~16:00
筆記試験 16:00~17:00

2017年3月12日(日)療養指導士試験当日講習会
配布資料

配布は終了いたしました。

出題形式

A群:循環器病総論、B群:生活指導、C群:高血圧より合計50問。
マークシート形式。

受験申込について

本年度の受験申込受付は終了致しました。

受験書類申込受付

10月1日(土)開始

受験書類申請締切

12月16日(金)※消印有効 先着100名になり次第締切と致します。
100名を超えた場合、別日程・別会場にて開催を行う場合もございます。

申請時に必要な書類

  1. 高血圧・循環器病予防療養指導士申請書
  2. 履歴書
  3. 指導施設在籍証明書
  4. 現所属施設責任者推薦書
  5. 指導例記録5症例
  6. 取得資格免許証のコピー
  7. 暫定条件Bを満たすことがわかる書類のコピー (暫定条件はこちら
  8. 受領通知はがき(返信用) ※返送先住所とご氏名をご記入下さい。
  9. 審査料領収証のコピー
  10. 1~7までの書類2部ずつコピー

◎申請書類はこちらからダウンロードできます。

履歴書・現所属施設責任者の推薦書・指導施設在籍証明書
履歴書・現所属施設責任者の推薦書・指導施設在籍証明書 PDF形式PDF Word形式DOCX
指導例報告シート ※記入しやすいシートをお選び下さい。
  保健師・看護師など 薬剤師など 管理栄養士など 心理士など 臨床検査技師など
指導例報告シート PDF形式PDF PDF形式PDF PDF形式PDF PDF形式PDF PDF形式PDF
Excel形式XLS Word形式DOCX Excel形式XLS Excel形式XLS Word形式DOCX
(記入例) (パターンA, B) (パターンC) (パターンD) (パターンE) (パターンF)
PDF形式PDF
PDF形式PDF
PDF形式PDF PDF形式PDF PDF形式PDF PDF形式PDF
評議員の推薦書
評議員の推薦書 PDF形式PDF Word形式DOCX

送付先(問い合わせ先)

高血圧・循環器病予防療養指導士認定試験事務局(日本高血圧学会内)
住所 〒113-0033 東京都文京区本郷三丁目28番8号 日内会館2階

審査・受講料

審査料 15,000円 試験当日講習会受講料 5,000円
※合計20,000円振込をお願いします。
書類審査で受験不可となった場合の審査料、当日の受講料はお返し出来ません。
この場合次年度受験の為の認定単位となりますので、受講のみも可です。

受験料振込先

ゆうちょ銀行
口座番号 00190-7-361143
口座名 日本高血圧学会療養指導士口(“くち”が最後につきます)

※ご入金の際、氏名・会員番号・住所を必ずご記入願います。
※手数料は振込人負担となります。
※返金には応じられませんので、予めご了承願います。
※事務局から入金確認の連絡は行いません。領収書のコピーを他の申請書類と併せてお送り下さい。

合否通知、認定証発送

合否通知

2017年6月下旬発送予定

認定証発送

2017年8月下旬
※合格者には希望者のみ別途有料で認定バッジもしくは認定プレートを作成致します。(両方申込可)

認定試験ガイドブック

よくわかる高血圧と循環器病の予防と管理

よくわかる高血圧と循環器病の予防と管理      <正誤表[28.11. 8] (pdf)>  
高血圧・循環器病予防療養指導士認定試験ガイドブック

2016年9月27日初版発行
監修:日本高血圧学会・日本循環器病予防学会
編:高血圧・循環器病予防療養指導士認定委員会
出版社:株式会社 社会保険研究所
定価:本体 3,000円+税
ご購入方法:*Amazon社会保険研究所などからご購入可能です

◆日本高血圧学会と日本循環器病予防学会が共同でスタートした「高血圧・循環器病予防療養指導士」の認定試験用のテキストとして活用できるガイドブックです。わが国の循環器疾患の特徴と動向、循環器疾患に対する高血圧のリスクをはじめ、保健指導(減量、禁煙、節酒、運動指導、服薬指導等)のポイント、治療の基礎知識や治療薬等、多岐にわたる内容を網羅しています。

<目次>
第1章 チーム医療における予防療養指導士の役割
第2章 循環器病の特徴と高血圧
第3章 保健指導のポイント
第4章 治療と保健指導
第5章 保健指導プログラムと技術

その他参考図書

高血圧治療ガイドライン2014

高血圧治療ガイドライン2014

日本高血圧学会、ライフサイエンス出版株式会社
定価:本体 2,200円+税
ご購入お申し込みはこちら

循環器病予防ハンドブック第7版

循環器病予防ハンドブック第7版

株式会社保健同人社
定価:本体 3,800円+税
ご購入お申し込みはこちら

健康教育マニュアル

健康教育マニュアル

一般社団法人 日本家族計画協会
定価:本体 8,000円+税
ご購入お申し込みはこちらのPDFPDFをダウンロードしてください。

第1回(2016年)高血圧・循環器病予防療養指導士 認定試験合格者

実施日 2016年3月6日(日)
合格者数 54名
職種
看護師 15名
薬剤師 12名
管理栄養士 10名
保健師 6名
臨床検査技師 6名(うち、1名は健康運動指導士の資格も保有)
その他
理学療法士、
臨床心理士/医療心理士
5名
合格者の現在の主な勤務先
医療機関 34名
教育機関 7名
健診機関 6名
その他
薬局
地方行政機関、
訪問看護ステーション
企業健康管理室 etc
7名
ページのトップへ