高血圧・循環器病予防療養指導士認定制度とは

日本高血圧学会と日本循環器病予防学会が共同のもと、2015年に「高血圧・循環器病予防療養指導士」認定制度が始まりました。2018年より日本動脈硬化学会が加わり3学会の共催となりました。
この制度は、循環器病の主たる原因である高血圧等の生活習慣病の改善・予防およびその他の危険因子の管理に関する療養指導を行うために有能な専門的知識および技術を有する職種の資質向上を図り、そのことにより循環器病の予防や病態改善により、国民の健康増進に貢献することを目的として発足いたしました。この資格を取得した方が確かな知識と経験を身につけて、さまざまな場面で対象者・患者に適した助言・指導を行うことで国民の健康が増進することを期待しています。

ご挨拶

高血圧・循環器病予防療養指導士に期待

日本高血圧学会 理事長 伊藤 貞嘉

日本高血圧学会 理事長 伊藤 貞嘉日本高血圧学会と日本循環器病予防学会が協同して発足した「高血圧・循環器病予防療養指導士」認定制度が2015年よりスタートし、2018年より日本動脈硬化学会が参加し三学会の共催となりました。2016年3月に第1回認定試験を実施し、すでに全国の医療現場で「高血圧・循環器病予防療養指導士」は活躍されています。日本の高血圧患者数は約4,300万人と推定されており、この高血圧が、全心血管病、脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病などの罹患リスクおよび死亡リスクとなっているのは、ご存じのとおりです。保健師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、心理士、臨床検査技師、健康運動指導士などの多くの関係する職種の方が、減塩,減量や禁煙、適度な飲酒と適度な運動など、日常の生活習慣を良い方向に変えていく指導も高血圧患者を減らすために重要なことです。高血圧や循環器病の治療にあたる医師とともにコメディカルの方々が、共通の認識を持って、ともに予防、治療にあたっていくことがより有効であることは明らかで、患者さんそれぞれの状態に合わせ、身近に患者さんの相談にのり、実施可能なさまざまな指導をしていく方がさらに求められています。これらコメディカルの方々を対象に確かな知識と経験を身につけて、さまざまな場面で助言・指導ができる専門家を養成するための認定制度が「高血圧・循環器病予防療養指導士」です。2016年、認定試験ガイドブック「高血圧と循環器病の予防と管理」が出版され、また主要都市での講習会やe―ラーニングもスタートして受験のための学習環境も充実してまいりました。身につけた正しい専門知識と経験をもとに、現場で指導ができる資格を取得され、国民の健康の向上、高血圧・循環器病の予防、治療のために活躍をされますことを期待しております。

日本循環器病予防学会 理事長 岡山 明

日本循環器病予防学会  理事長 岡山 明日本循環器病予防学会は「予防」を名称とする数少ない学会の一つで、臨床、公衆衛生、保健の現場の方々などが一同に集まり、切磋琢磨している学会です。本会では循環器病予防療養指導士(以下、療養指導士)を目指す方、療養指導士の資格を生かそうとする方と一緒に、循環器疾患をはじめとする生活習慣病の予防・診療・再発予防の仕組みづくりに取り組んでいます。活動を支援するため療養指導士部会を整備しており、療養指導士と関心のある方々を幅広く結集して学術活動を推進していきます。循環器疾患の特徴は、脳卒中や心筋梗塞などの重篤な疾病の発生があらかじめ予測可能なことです。発症リスクの高い人を発見し予防対策に取り組むことにより発症や死亡を防ぐことが可能です。循環器疾患の精力的な疫学・臨床研究によって、誰がどのくらいの確率で発症・死亡するか、わかってきました。こうして発見したハイリスク者にとって、薬物治療のみでは十分な予防や再発防止効果は困難で、生活習慣改善のための指導、助言などが極めて重要です。現在治療中の人だけでなく治療が必要ない人も含め、出来るだけ多くの人に生活習慣改善を含む総合的な介入を行うことが出来れば、大きな予防・再発防止効果が期待できます。 療養指導士は医療保険者の保健事業の場、外来・入院治療の場、教育の場などでこれからの保健指導の中核となる人を育成する目的で設立されました。療養指導士の学習範囲(カリキュラム)は疫学、予防から、診療・合併症予防まで幅広く、これからの保健指導にとって必要な知識と技術を網羅した内容となっていますので、ぜひ資格を取得していただき、一緒に予防に取り組んでいきましょう。

日本動脈硬化学会 理事長 山下 静也

日本動脈硬化学会 理事長 山下 静也2018年4月1日より日本高血圧学会と日本循環器病予防学会が共同で行っている「高血圧・循環器病予防療養指導士」認定制度に日本動脈硬化学会が新たに参画することになりました。日本動脈硬化学会は動脈硬化ならびに関連疾患の成因、病態、予防、治療に関する研究の発展、向上を図るとともに、国民に対する啓発活動を行うことを目的とした学会です。動脈硬化性疾患の危険因子の1つとして重要なメタボリックシンドロームや脂質異常症の診断・予防・治療法を確立するために、本学会では『動脈硬化性疾患予防ガイドライン』や『動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド』を発行して啓発活動としてきました。脂質異常症の診断基準や冠動脈疾患予防のための脂質管理目標値、具体的な生活習慣改善や薬物治療などを、医師だけではなく、メディカルスタッフの方と共有することが重要です。特に生活習慣の改善にはメディカルスタッフの方の協力が必須です。日本動脈硬化学会が「高血圧・循環器病予防療養指導士」認定制度に参画することで、患者さんに専門家として適切に指導が行える人材がさらに養成されることを期待しています。この度、日本動脈硬化学会の参画によって追加される脂質関連の履修単位は、3つの学会主催の講演会などにて取得できます。詳細は高血圧・循環器病予防療養指導士のホームページにて開催日時や会場、カリキュラム番号を確認してください。さらに、すでに資格を取得された方も3つの学会の年次学術集会や講演会などに積極的に参加することで、新たな知識を得ることが可能になります。これらの知識を患者さんの指導に活かせるように、一緒に頑張りましょう。

お問い合わせ

高血圧・循環器病予防療養指導士認定事務局

住所 〒113-0033 東京都文京区本郷三丁目28番8号 日内会館2階 (日本高血圧学会内)
E-mail sidousijpnsh.jp※メールでお問い合わせの際は、氏名と会員番号を記載ください。
URL http://www.jpnsh.jp/sidousi/
ページのトップへ