お役立ち資料

一般向け『高血圧治療ガイドライン』解説冊子 「高血圧の話」

一般向け『高血圧治療ガイドライン』解説冊子 「高血圧の話」

一般向け『高血圧治療ガイドライン』解説冊子 「高血圧の話」
(2014年11月1日発行)

日本高血圧学会(2014年発行)
ライフサイエンス出版(制作)

日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会、認定NPO法人日本高血圧協会、NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 編
A5判/本文16頁

ご購入

100部以上ご購入の場合

ライフサイエンス出版株式会社

定価:1箱(100部在中)5,400円(税込、別途送料)

100部未満の個別注文の場合

NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

定価:1部120円(+送料)

電子版の公開

内容紹介

日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会と認定NPO法人日本高血圧協会、NPO法人ささえあい医療人権センターCOMLが協働して「一般向け『高血圧治療ガイドライン』解説冊子」を作成しました。高血圧とは何か、どうして怖いのか、予防と治療について必要な知識などを、患者さんの立場からわかりやすく解説しています。本冊子を参考にして、高血圧の予防と治療にお役立てください。

転載利用許諾申請書

転載利用許諾の申請をされる方は、以下の申請書をご利用ください。

世界も日本も、高血圧基準は 140/90 mmHgです

高血圧基準に関するパンフレット

高血圧基準に関するパンフレット

日本高血圧学会

日本高血圧学会 高血圧基準に関するパンフレット
PDF形式:A4判/3頁
無料(ダウンロードしてご利用ください)

内容紹介

日本人間ドック学会と健康保険組合連合会による小委員会の高血圧新基準に対して、日本高血圧学会はHP上でその問題点を指摘し解説すると同時に、誤解を解消するために各地で会員各位の努力が続けられてまいりました。また、日本医学会など他の多くの機関からも問題点が指摘され、事態は沈静化しつつあります。

しかし、140/90 mmHgであるべき高血圧基準値が147/94 mmHgに緩和されたかのような誤った印象は一部に根強く残っており、いまだ混乱を招いているように思われます。

そこで、日本高血圧学会では、一般のみなさまにも分かりやすいよう、高血圧基準に関するパンフレットを作成いたしました。

これらはダウンロード・印刷していただけるようになっておりますので、ご自由にご活用ください。

特定非営利活動法人日本高血圧学会
広報委員会

家庭で血圧を測定しましょう

家庭で血圧を測定しましょう

家庭で血圧を測定しましょう

日本高血圧学会

日本高血圧学会 家庭血圧測定パンフレット
PDF形式:A4判/1頁
無料(ダウンロードしてご利用ください)

内容紹介

― 家庭血圧測定に関する患者さん,一般住民の皆さん向け資料について ―

高血圧は“沈黙の殺人者”といわれています。それは普段は症状がなく(沈黙しており)、脳卒中や心筋梗塞・心不全・腎不全など生死に関わる心臓・腎臓・血管に障害が出て初めて症状が出ることが多いからです。

高血圧かどうかを知るためには健康診断、住民検診、職場検診などで血圧を測定するか、家庭で血圧を測定することが必要です。血圧は年齢とともに高くなります。症状がないからといって検診を受けず、あるいは家庭で血圧を測ったことのない方の中には実際は高血圧の方が潜んでいると考えられ、これを放置しておくのは大変危険です。

また、既に高血圧と診断され治療を受けておられる方では、血圧が24時間にわたり適切にコントロールされているかどうかを確認することが大変重要となります。したがって、高血圧かどうか不明の方、検診で血圧が高いといわれているが医師による指導・治療を受けておられない方、高血圧で治療を受けておられる方のいずれの皆さんにとっても、“家庭血圧測定”が必要といえます。

日本高血圧学会では、高血圧患者さんはもとより、一般住民の皆さんに血圧について関心を持っていただき、家庭血圧を正しい方法で測定して頂くことをお勧めするため「家庭で血圧を測定しましょう」というパンフレットを作り、“家庭血圧測定”の大切さをわかりやすくまとめてみました。自由にダウンロードされ、大いにご活用ください。

特定非営利活動法人日本高血圧学会
広報委員会

高血圧患者さんのための減塩食レシピ

高血圧患者さんのための減塩食レシピ

高血圧患者さんのための減塩食レシピ

日本高血圧学会

日本高血圧学会減塩委員会 編
B5判縦/64頁
定価 300円(税込み)
※別途送料および梱包手数料を申し受けます。

内容紹介

日本高血圧学会減塩委員会では、最初の減塩食レシピが作成されて5年が経過しましたので、改訂版を作成することに致しました。改訂版ではレシピのサイズをA5版からB5版にし、写真も大きく、活字も読み易いものに変更しました。また、昼食に弁当を食べることも考え、ウイークデイには弁当のレシピも追加しています。改訂前と同様、一日の食塩摂取量を6g未満、カロリー摂取量を1850kcal前後にしてあります。単品毎の栄養価も最後にまとめて表示しましたので組み合わせを変えたい場合にご利用ください。改訂した減塩食レシピを、皆様の減塩食づくりに活用して頂くことを期待しています。(まえがきより)

ご購入

高血圧学会事務局まで、希望部数、送付先、連絡先をご記入の上、EメールまたはFAXにてお申込みください。

  • FAX03-6801-9787
  • E-mailofficejpnsh.jp

TOP

はじめに

高血圧専門医

お役立ち資料

さあ、減塩!(減塩委員会から一般のみなさまへ)

「高血圧の日」について

「日本高血圧教会」のご案内

ページのトップへ